新たな特産品開発・特産品販路拡大を目指して

 

名取市商工会では、平成19年度より新たな特産品の開発・特産品販路拡大事業を実施してまいりました。

平成19年には菓子組合によりビール酵母いりのカステラ「名取ビーテラ」を皮切りに、名取のクールボジヤメロンを活用して作った「クールボジヤメロンワイン」、名取ブランドコンテストなども行い「ひと」「もの」「こと」を認定して
参りました。また、東日本大震災時には販売ルートも閉ざされたことにより、被災した閖上加工業者の製品「閖上ブランド」と称して全国展開事業を実施して参りました。

名取市には全国一の「閖上赤貝」・「名取せり」東北一のカーネーション、宮城県一のミョウガタケの産地であり農水産加工品の資源が豊富にあります。その地域資源を活用し、毎年、新商品を発表し、販路の拡大の支援を行ってまいりました。

生産者に事業の機会を目的とした仙南ブランド特産市の開催

名取市商工会では販路の拡大を図るため生産者に事業の機会を設け特産市を開催したり、特産市出店、バイヤー紹介をしています。特に宮城県の補助金を活用し、JR仙台駅構内・イオンモール名取エアリで実施している仙南ブランド特産市は、名取市だけでなく4市9町仙南地域の特産市として開催し、仙南のブランド品の販売をしております。

(1)JR仙台駅構内を会場に行った仙南ブランド特産市

仙南ブランド特産市(会場:JR仙台駅)

  1. 平成27年度 11月12日~10月17日(6日間) 笑顔つながる東北 味の仙南ブランド特産市
  2. 平成28年度 9月30日~10月 2日(3日間) 笑顔つながる東北 味の仙南ブランド特産市
  3. 平成29年度 9月29日~10月 1日(3日間) 第1回 復興マラソン記念仙南ブランド特産市
  4. 平成30年度 10月13日~10月14日(2日間) 復興マラソンに併せ開催予定

(2)イオンモール名取エアリを会場に行った仙南ブランド特産市

イオンモール名取エアリを会場に仙南ブランド特産市を開催したのは平成19年度より行っている。当時は宮城県の協力もあり仙山交流委員会の出店者も山形出店して頂き、名取ブランド品と一緒に実施しておりました。東日本大震災時にはイオンモール名取エアリも被害があり中断しておりましたが平成25年より再開しております。以後宮城県の補助を頂き仙南ブランド特産市として平成27年度より事業を拡大して実施しています。

仙南ブランド特産市(会場:イオンモール名取エアリ)

  1. 平成27年度 10月 2日~10月 3日(2日間) 仙南ブランド特産市
  2. 平成28年度 11月28日  仙南ブランド特産市
  3. 平成29年度 イオンモール名取エアリ増床により中止

新たな特産品開発「試作品発表会」の開催

新たな特産品の開発、売れる商品作り、味付など、毎年マンネリ化しないよう仙台国際ホテルの中村総料理長はじめ、和食・洋食・中華の料理長、菓子のパティシェに依頼し試作品を作ってまいりました。専門家に依頼すると同じ食材でもこんなにいろんな製品になることに驚きました。また、新商品を開発に当って専門家を企業に派遣し新商品の造り方や味の指導、パッケージデザイン、販路拡大の支援指導を行っている

特産市試作品発表会

試作品発表会

  1. 平成27年度     2月17日 仙台国際ホテル
  2. 平成28年度 11月29日 仙台国際ホテル
  3. 平成29年度 11月28日 仙台国際ホテル

3年間の試作品発表会中に新たに事業所が開発した商品

お福漬

相澤女性部長が作ったお福漬
全国T-1グランプリ受賞

クールボジヤメロンワイン

メロンワイン協議会からクールボジヤメロンワインを使ったリキュールを開発(佐々木酒造店)

ジェラートアイス

クールボジヤメロン・秘伝豆など名取市の資源を活用したジェラートアイス(ナチュリノ)

チンゲン菜入り野菜パスタ

チンゲン菜・小松菜・カボチャ入り
パスタ(名取北釜ファーム)

銀鮭の醤油煮

銀鮭の醤油煮(マルヤ水産)
水産庁長官賞を受賞

みやぎの雫

みやぎの雫(ささ圭)農林水産大臣賞
外国人みやげ賞・食料産業局長賞受賞

赤貝の塩漬け

赤貝の塩漬け(マルタ水産)
日本ギフト大賞
農林水産大臣賞受賞

ハラール商品

2018年3月販売予定のハラール商品(マレーシアJAKIM認証)
日本の四季・文化をパッケージに(㈱にしき食品)

 

ページトップへ