新型コロナウイルス感染症患者の急増に伴う体制の切替について

標記の件について、新型コロナウイルス感染症患者の急増に伴い、宿泊療養施設や保健所業務等の逼迫が想定されることから、保健所による積極的疫学調査の重点化のため、当分の間、施設等の調査については、その施設の管理者等に実施していただく旨のご協力について宮城県より案内がございました。

職場や学校で陽性者が発生した場合

知人が陽性になった場合

 

1.事業所で新型コロナウイルス陽性者が発生した場合

・施設管理者におかれましては、別紙「職場や学校等で新型コロナウイルス感染症陽性者が発生した場合の施設管理者の対応について」を参考に、濃厚接触者の選定を行い、7日間の自宅待機と10日間の健康観察について指示をお願いいたします。

・濃厚接触者の方は、症状が出現し、体調不良となった場合には、かかりつけ医に相談するか、受診・相談センター(電話022-398-9211)に電話するようお願いいたします。

・その他詳細は、県のホームページをご参照ください。

https://www.pref.miyagi.jp/site/covid-19/shisetuchosa.html

※学校・事業所等向けの解説動画を掲載されております。

 

(参考)従業員等の知人が新型コロナウイルス陽性者になった場合

・従業員が陽性者から連絡を受けた方は、別紙「知人が陽性者になった場合」をご参考に、ご自身が濃厚接触者に該当するかをご確認いただき、該当する場合には7日間の自宅待機と10日間の健康観察をするよう、従業員等に指示をお願いいたします。

・その他詳細は、県ホームページをご参照ください。

https://www.pref.miyagi.jp/site/covid-19/doukyokazoku.html

 

2.お問い合わせ先

保健福祉部疾病・感染症対策課 感染症対策班
電 話:022-211-2632
FAX:022-211-2697