「いわゆる『シフト制』により就業する労働者の適切な雇用管理を行うための留意事項」について

標記の件について、厚生労働省から案内がございましたので、お知らせいたします。

近年、パートタイム労働者やアルバイトを中心に、シフト制による働き方が普及しておりますが、このような形態には、柔軟に労働日・労働時間を設定できる点で、契約当事者双方にメリットがある一方、使用者の都合により、労働日がほとんど設定されなかったり、労働者の希望を超える労働日数が設定されたことによる、労働紛争の発生も懸念される現状であります。

そこで厚生労働省では、シフト制に関する適切な雇用管理を促すことを目的に、使用者が現行の労働関係法令等に照らして留意すべき事項について、別添1のとおりまとめられました。

つきましては、別添資料等をご参照いただきますようお願い申し上げます。

 

1.別添資料

(1)周知用リーフレット(事業者向け)

(2)周知用リーフレット(労働者向け)

 

2.参考URL

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_22954.html