雇用維持等に関する国の施策について

厚生労働省から宮城労働局を通じ、雇用維持等に関する施策についての案内がありましたのでお知らせ致します。

厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響によって、特に厳しい業況にある中小企業等の雇用維持を支援するため、「雇用調整助成金」「緊急雇用安定助成金」の助成率について、年末までは、リーマンショック時以上が確保されることとなり、特に業況が厳しい中小企業等については、事業場内の最低賃金を30円以上引き上げた場合、本年10月~12月までの3ヶ月間、休業の規模要件が問われないこととなりました。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、在籍型出向により労働者の雇用を維持する場合、出向元と出向先の双方の事業主に助成する「産業雇用安定助成金」について、新たに、子会社間など独立性が認められない事業主間で実施される出向について助成の対象となりました。

さらに、いわゆる就職氷河期に就職の機会をのがしたことなどにより十分なキャリア形成がなされず、正規雇用労働者としての就業が困難となった方を支援するため、「特定求職者雇用開発助成金(就職氷河期世代安定雇用実現コース)」や「トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)」を活用することができます。

つきましては、厚生労働省HPをご覧いただきますようお願い申し上げます。

 

 

(1)雇用調整助成金

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

 

(2)産業雇用安定助成金

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082805_00008.html

 

(3)特定求職者雇用開発助成金「(就職氷河期世代安定雇用実現コース)」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158169_00001.html

 

(4)トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/trial_koyou.html

 

 

お問合せ先

宮城労働局 職業安定部 職業対策課
電話 022-299-8063 ※土日祝日休み