モニタリング検査の実施について

宮城県においては、3月以降新型コロナウイルスの新規感染者が増加し、「まん延防止等重点措置」の区域指定については5月11日をもって解除されたところですが、引き続き、感染状況の把握が必要となっております。

こうした状況を踏まえ、内閣官房が主体となり、県内の無症状の方を対象としたモニタリング検査を4月23日より実施しており、そのデータを分析して感染拡大の予兆を早期に探知し、早期対応につなげていくこととする旨、宮城県保健福祉部長より案内がございました。

モニタリング検査については、市中に検査スポットを設置して実施しているほか、密になりやすい事業所、工場、従業員寮をお持ちの事業者、多くの方が集まる大学や専門学校等において実施しているため、当該検査の実施についてご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

モニタリング検査の概要について