食品衛生法の一部改正に伴う許認可等の見直し及び小規模事業者経営改善資金(マル経)の対応について

標記の件につきまして、厚生労働省より案内がありましたので、お知らせいたします。

標記について、食を取り巻く環境の変化や国際化などに対応し、食品の安全を確保するため、食品衛生法が一部改正されました(平成30年6月13日公布)。本改正は、令和3年6月1日から施行となり、食品等事業者について、営業許可制度が見直されるとともに、営業届出制度が創設されます。

また、施行に伴い、小規模事業者経営改善資金(マル経)の推薦案件における許認可の事務取扱も変更されますので、併せてご確認お願い申し上げます。

 

 

1.別添資料

別添1 「食品衛生法が改正されました」のリーフレット

別添2 宮城県が公表している食品衛生法改正に関する資料

別添3 食品等事業者において新たに届出が必要となる業種一覧

参考1 営業届出制度の創設と営業許可制度の見直し(厚生労働省作成)
https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000706466.pdf

参考2 営業許可業種の解説(厚生労働省作成)
https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000706467.pdf

参考3 営業届出業種の設定について(厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課長通知)
https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000712107.pdf

参考4 宮城県環境生活部食と暮らしの安全推進課
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/shoku-k/02eigyoukyoka.html