緊急事態宣言の延長を踏まえた職場における新型コロナウイルス感染症への予防及び健康管理について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止につきましては、緊急事態宣言の延長が決定され、栃木県を除く10都道府県については、3月7日まで実施期間が延長されたところです。

これに伴い改定された「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」においては、「職場への出勤等」の項目において、従来の取組に加え「感染防止のための取組等を働きかけるため、特に留意すべき事項を提示し、事業者自らが当該事項の遵守状況を徹底するよう促す。」などの事項が新たに示されました。

このような状況を踏まえ、厚生労働省では職場における感染拡大防止に当たって、事業場において特に留意すべき事項となる「取組の5つのポイント」を示し、取組状況の確認を働きかけるとともに、労働局に「職場における新型コロナウイルス感染拡大防止対策相談コーナー」を設置いたしました。

つきましては、職場における感染予防及び健康管理の徹底を図るため、本相談コーナーについてご確認くださいますようお願い申し上げます。

 

1.添付資料

1.取組の5つのポイント

2.相談コーナー設置

 

2.関連資料URL

(1)https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16543.html

(2)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00226.html