最低賃金の引上げに向けた中小企業・小規模事業者支援事業等について

「経済財政運営と改革に基本方針2020」(令和2年7月17日閣議決定)において、「日本経済全体の生産性の底上げや、取引関係の適正化など、賃上げしやすい環境整備に不断に取り組みつつ、最低賃金については、より早期に全国加重平均1,000円になることを目指すとの方針を堅持する。」ことが示され、また、令和2年12月8日に閣議決定された「国民の命と暮らしを守る安心と希望のための総合経済対策」の中でも本事業が盛り込まれ、引き続き最低賃金の引上げに向けた環境整備に取り組むこととされております。

これらを踏まえ、令和3年1月28日に成立した令和2年度第3次補正予算では、中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金(業務改善助成金)について、本助成金をより一層活用いただけるよう低額の20円コースを新設し2月1日より申請受付を開始しています。

つきましては、別添リーフレットをご参照いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

<添付資料>

リーフレット 「業務改善助成金」のご案内

※別添リーフレットの電子データは、宮城労働局ホームページにも掲載されております。