令和3年3月新規高等学校卒業者の就職及び就職に係る履歴書について

東日本大震災から9年余りが経過し、復旧・復興の進展に伴い緩やかな景気回復の動きなどにも支えられ、県内新規高等学校卒業者の就職内定率はここ数年極めて高い水準を維持してきました。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響等により、県内の景気動向も予断を許さない状況であり、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本県高等学校においても臨時休業が5月末まで続き、進路指導が大幅に遅れるとともに、合同企業説明会の開催が見直されるなど、新規高等学校卒業者を取り巻く就職環境は決して明るいものではないものとなっております。

こうしたことから、宮城県高等学校長協会、同就職対策委員会、宮城県高等学校進路指導研究会及び各高等学校では、求人と求職のミスマッチや早期離職の防止に向け、細やかな就職指導に努めることとしております。

このような中、令和3年3月の新規高等学校及び特別支援学校高等部卒業者の雇用確保について案内がございました。つきましては、将来を担う県内新規高等学校卒業者が一人でも多く早期に内定が得られますようご協力をお願い申し上げます。

また、宮城県教育委員会では、今年度から就職試験に応募する生徒が作成する履歴書について、従来どおりの自筆の履歴書に加え、全国高等学校統一用紙の電子データに入力し印刷した履歴書の提出も認めることといたしましたので、併せてご連絡いたします。

尚、自筆での履歴書を希望される場合は、その旨を提出校にお伝えいただくか、提出校が多数に渡る場合には、県教委において一括対応いたしますので、下記担当宛てご連絡いただきますようお願い申し上げます。

 

連絡先

宮城県教育庁高校教育課 キャリア教育班 長田晃明
TEL:022-211-3625 FAX:022-211-3696
MAIL:ko-career@pref.miyagi.lg.jp