建築物石綿含有建材調査者講習登録規程の改正等について

宮城労働局よりご案内がありましたので、お知らせいたします。

本講習登録規程につきましては、平成30年10月に告示され、建築物の通常の使用状態における石綿含有建材に関する調査に加え、建築物の解体又は改修の作業の前に行う石綿含有建材の使用状況に係る調査に必要な知識も含む総合的な専門知識を有する者の育成が図られてきましたが、今般、一戸建ての住宅又は共同住宅の住戸の内部に係る建築物石綿含有建材調査を養成するため、別添1のとおり、令和2年7月1日にその改正が公布され、同日付けをもって施行されました。

改正された告示の具体的内容は別添2のとおりですが、大きな改正点は、

①  「建築物石綿含有建材調査者」について、「一般建築物石綿含有建材調査者」に名称を変更したこと

②  新たに一戸建ての住宅又は共同住宅の住戸の内部における石綿含有建材の使用実態の調査を行う者に必要な知識に係る講習「一戸建て等石綿含有建材調査者に係る講習」を新設し、当該講習終了者の位置づけを「一戸建て等石綿含有建材調査者」と規定したこととなり、関係事業者においては、これらに対する適正な対応が求められるところです。

つきましては、別添資料等をご参照いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

1.別添1 建築物石綿含有建材調査者講習登録規程の一部を改正する件

2.別添2 建築物石綿含有建材調査者講習登録規程の改正等について(厚生労働省より)

3.別添2の別紙 建築物石綿含有建材調査者講習登録制度の一部改正について

4.別添2の別添1 建築物石綿含有建材調査者講習登録規程の改正について(国土交通省より)

5.別添2の別添2 建築物石綿含有建材調査者講習登録規程の改正について(環境省より)

6.別添2の別添3 建築物石綿含有建材調査者講習登録規程の改正について(厚生労働省、国土交通省、環境省より)